Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

BTO方式
建築プロジェクトの契約書で、“Built, Transfer, Operate (BTO)” という用語が出てきました。
BTO方式とは、PFI(Private Finance Initiative)の事業方式の一つで、民間事業者が施設等を建設し、施設完成直後に公共施設等の管理者等に所有権を移転し、民間事業者が維持・管理及び運営を行う事業方式。

PFIとは、1992年に英国で生まれた手法で、民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、公共施設等の設計・建設・改修・更新や維持管理・運営を行う公共事業の手法です。日本では1999年のPFI法施行以降、活用され始めました。自治体の財政状況が悪化する中で活用する例が増えてきているようですが、経済感覚やサービス感覚の欠如したお役所が運営するより、民間の方がはるかに優れていますよね~。(これで浮いた公務員は、何してるのでしょうか?)でも、完全に民間に任せてしまうと、不採算部門の切り捨てなどの問題があるようです。
このほかに、PFIには、
BOT (Build Operate Transfer):民間事業者が施設等を建設し、維持・管理及び運営し、事業終了後に公共施設等の管理者等に施設所有権を移転する事業方式
BOO (Build Own Operate):民間事業者が施設等を建設し、維持・管理及び運営し、事業終了時点で民間事業者が施設を解体・撤去する等の事業方式
RO (Rehabilitate Operate):施設を改修し、管理・運営する事業方式。所有権の移転はなく、地方公共団体が所有者となる方式
等があります。
【2008/03/01 04:48 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<改良物 | ホーム | TGIF!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/63-343b6aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。