Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

reimbursement
“reimbursement” も契約書には頻出するのですが、訳に結構てこずります。「返済」「償還」「弁償」「弁済」などの訳があり、使いたくなるのですが、日本語としては、どれも借りた相手など債権者に返す場合、つまり当事者が二者の場合に使うような気がします。
従業員が立替払いした旅費を会社が支払う場合や、A社が負担した費用を後からB社が支払う場合のように、当事者が三者になってくると、どうもしっくりきません。こんな場合は、単純に「支払う」と訳すのが無難なのでしょうね。
【2008/02/24 06:37 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<エゴ | ホーム | 右脳型を目指せ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/57-2675ebe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。