Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

インコタームズ
売買契約書では、”Incoterms” という語がよく出てきます。「インコタームズ」(取引条件の解釈に関する国際規則)とは、国や地域による商習慣の違いからトラブルが生ることを避けるために、国際商業会議所 (ICC) が定めた貿易条件のこと。誰(売主・買主)が、どこまでの、費用、運賃、保険、危険等を負担するかについて、最新版の「Incoterms2000」では以下の13の貿易条件が定義されています。
FAS (Free Alongside Ship) 船側渡し
FOB (Free On Board) 本船積込み渡し
CFR (C&F Cost and Freight) 運賃込み
CIF (Cost, Insurance and Freight) 運賃・保険料込み
DES (Delivered Ex Ship) 仕向港着船渡し
DEQ (Delivered Ex Quay) 仕向港埠頭渡し
EXW (Ex Works) 出荷工場渡し
FCA (Free Carrier) 運送人渡し
CPT (Carriage Paid To) 輸送費込み
CIP (Carriage and Insurance Paid To) 輸送費・保険料込み
DAF (Delivered At Frontier) 国境持ち込み渡し
DDU (Delivered Duty Unpaid) 仕向地持ち込み渡し・関税抜き
DDP (Delivered Duty Paid) 仕向地持ち込み渡し・関税込み
強制力のない任意規則なので、契約書に「インコタームズ2000の条件に従う」というような約款を入れることが一般的なそうです。だから、契約書でよくお目にかかるのですね。
はるか昔から行われている貿易ですが、このような条件の定めがない時代、商習慣の違う相手との取引は、さぞかしトラブルだらけだったでしょうね~。
【2008/02/02 05:20 】
翻訳メモ | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<化学物資届出制度 | ホーム | インボイス>>
コメント
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
【2008/02/03 07:33】
| URL | みんな の プロフィール #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/40-ac4181ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。