Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

日本法人
契約書の和訳のチェックをしていて、頭書の当事者を記載する箇所で、
Japanese corporation
が「日本法人」と訳されていました。
あれ?なんか変…と違和感を覚え、確認してみると、参考書ではこのような場合に「日本法人」と訳されています。

「日本法人」とは、外国企業が日本に進出して営業活動する際に、日本の会社法に基づいて設立した子会社のことをいうようです。
英語では、Japanese subsidiary、つまり、「日本子会社」。
「国」が入っているかどうかで、全く別のものになってしまうのですね。

ちょっと気になって、昔、通信講座を受講していた頃のテキストをチェックしてみると(講座のテキストをデータ化しているので、簡単に調べられるのです)、
同様の箇所で、Japanese companyの訳が「日本法人」になっていました。
これは「日本企業」とか「日本の会社」でしょ?
しっかりしてよ!
【2014/09/06 07:40 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<二代目パソコン | ホーム | anonymous or anonymized clinical data>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/263-612859d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。