Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

Type or Print
契約書の署名欄に、"Name (type or print)" などとあれば、いつも「氏名(活字体)」と訳していました。

でも、あるとき、「タイプまたは印刷」と訳しているものを見つけて、
え? 「タイプ」なんて、今ないでしょ?
それより、「印刷」ってどうやるの?
と疑問に思い、あらためて調べてみました。

typeは、タイプライターやコンピューター・キーボードなどで書くこと。つまり、機械的に打ち込むこと。
printは、「印刷する」という意味なのですが、文字を、印刷したように手書きする、という意味もあります。
「type または print」ならば、結局は、「活字体」でいいのではないでしょうか?

文書によっては(申込書など)、「typeではなく、printすること」と指示しているものもあるようです。
つまり、パソコンで誰が作成したかわからないようなものではなく、本人が書いたものでなければならない(ただし活字体でね)、ということですね。
【2013/12/17 09:16 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<Type or Print(続き) | ホーム | engagement>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/257-6851393b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。