Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

WORD2007の文字数と単語数
先月お仕事をした翻訳会社さんから明細書が届いたのですが、金額が予想よりだいぶ多い!
内容を見ると、私の記録より、仕上がり枚数が10枚ほど多くカウントされていました。
一瞬、ラッキー!と思ったのですが、知らんぷりして後でばれたら信用にかかわるし、後から減額請求されるのも嫌なので、連絡することにしました。
連絡する前に、翻訳したファイルの文字数を再度確認したところ、変なことに気づきました。

WORD2007の下のステータスバーには「文字数: XXX」と表示されており、私はこれをもとに枚数を計算しているのですが、上のリボンの「校閲」-「文字カウント」で見ると、XXXは「単語数」のところに書かれている数字であって、文字数はそれよりかなり多い数字になっています。
おまけに、「文字カウント」のポップヒントには、「単語数は、ウィンドウ下部のステータスバーにも表示されます。」と書かれています。
つまり、ステータスバーの「文字数」という表示が間違っているみたいです。

試しに、「校閲」-「文字カウント」の「文字数」で計算してみると、明細書の仕上がり枚数と一致しました。
そっか、この翻訳会社さんの計算は間違っていなかったのですね。
よかった、よかった。
ん?
でも、他の翻訳会社さんでは、ステータスバーの「文字数」で計算しているような気がするんだけどな…。
ま、いっか…。
【2013/08/28 07:20 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<役員を雇用する | ホーム | 合理的な努力を尽くす?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/250-a061305b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。