Google
unreasonably withhold
契約書でよくお目にかかるフレーズ。
「事前に他方当事者から承諾を得ることなく、~してはならない。」
の後に、
「ただし、当該承諾は、unreasonably withhold できない。」
などと続きます。

withhold は、辞書によると、
「差し控える、与えずにおく、留保する」といった意味なので、
「不当に留保する」、「合理的な理由なく差し控える」
などと訳してきました。
でも、何か日本語としてしっくりこないなぁ、と長年思っていたのですが、
先日、日本の法律の条文で同じような表現を見つけました。
「正当な理由がなければ、前項の承諾をすることを拒んではならない。」(会社法)

この条文の場合、日本法令外国語訳データベース(法務省が提供している訳文)では refuse が使用されていますが、withhold であっても、「拒む」の方がわかりやすいかも。
【2013/06/11 11:01 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<that certain | ホーム | NTD>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/245-1dcf545e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |