Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

majority of 75%
会社の取締役会の決議について説明する箇所で出てきた表現。
majority はいつも「過半数」と訳していたので、
majority of 75% を訳そうとしたら、「75% の過半数、・・・ん???」となってしまいました。

majority には「多数」という意味もあります。
「75%の多数」で決するということですね。

英米法辞典によると、過半数であることを明示するためには、 absolute majority (絶対多数)という表現を用いることがあるそうです。
ただし、wikipedia によると、「絶対多数」は、「過半数」と「特別多数」(過半数よりもさらに多い特定の数をもって決する)の総称として用いられる場合と、単に「過半数」を意味するものとして用いられる場合があるのだとか。
【2013/05/08 08:55 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<time-barred | ホーム | ソースコード>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/240-7e5159fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。