Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

アウトソーサーって?
outsourcerの意味を調べると、某辞書に「委託者、発注者」とありました。
これに対して「受託者」はoutsourcee。
Licensor(ライセンスする側)とLicensee(ライセンスを受ける側)の例を考えると、アウトソーサーはアウトソーシングする側(委託者、発注者)で問題はなさそうです。
ところが、この単語が出てきたのは、
「outsourcerやsubcontractorに資料を開示してはならない」
という文章で、「受託者」と解釈した方が自然な箇所です。

そこでもうちょっと調べてみると、三省堂のWebサイトに、
アウトソーシングの「受託企業」を表す言葉は、アウトソーサーとアウトソーシーのふたつがあるため、文脈による慎重な解釈が必要、という説明がありました。

また、ある英文のサイトでは、outsourcerの定義として
1: a company that procures some of its goods or services from smaller specialized companies
2: a specialized company that provides goods or services to a larger company
という逆の定義を載せていました。

やっぱり、文脈に沿って「受託者」と訳していいのですね。
【2011/07/18 16:06 】
翻訳メモ | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<フリーダイヤル | ホーム | 働けど・・・>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/08/11 20:23】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/218-18a7b5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。