Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

force majeure
英文契約書には通常、不可抗力条項が設けられています。
不可抗力により契約上の義務を履行できなくても、当事者は責任を負わないと定め、火災、洪水、戦争、暴動など、具体的な不可抗力事由を多数列挙しています。
これまでは、日本の状況では無関係と思える不可抗力事由を見ながら、「政情不安な国と契約を締結するには、いろいろあるねの」ぐらいにしか思っていませんでした。
でも、tidal wave(津波)も、power shortage(電力不足)も、radioactive accident(放射能事故)も、shortage of transport(輸送力の不足)も、washout(決壊、流出)も、みんなすべて日本の現実になってしまいました。
beyond the reasonable control、本当にact of Godです。
これ以上被害が広がらないことを祈るのみです。
【2011/03/19 09:35 】
翻訳メモ | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<微力 | ホーム | subject to>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/06/18 05:32】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/211-d55bb6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。