Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

Week number
先日、契約書で見て初めて知ったのですが、欧米には、1年の第1週を01、最終週を52または53とする「Week number」というものがあるそうです。ヨーロッパのビジネスにおいては普通に使用されているのだとか。
ISO8601(日付と時刻の表記に関する国際規格)の規定では、ある年の最初の木曜日を含む週が、その年の第1週となります(Excel の WEEKNUM 関数で使用されているアメリカ式だと、1月1日から始まる週が第1週なので、注意が必要)。

日本では、「○月の第○週」という言い方をしますが、間違える人もいるから、「○日から始まる週」と言ったりしますよね。
そう言えば、うちの近所では毎月第4水曜日が不燃ゴミの日なのに、前の週に出している人がよくいます。 きっと、第4週の水曜日、と間違えているのでしょうね。第4週の水曜日と第4水曜日が同じではないこともありますから。
Week numberを採用すれば、こんな間違いはなくなることでしょう。
ヨーロッパのゴミ収集日がWeek numberを使用しているかどうかは、知りませんが・・・。
【2010/09/24 10:59 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<Notary Public | ホーム | Specially Designated Nationals and Blocked Persons(SDN)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/207-6efcf4f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。