Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

EIN
Employer Identification Number
普通に訳せば「雇用者(識別)番号」。でも、「納税者(識別)番号」と訳されることも多いようです。

米国において納税者識別番号(Taxpayer Identification Number)となりうるものには、
・社会保障番号(Social Security number:SSN)
・個人納税者識別番号(Individual Taxpayer Identification Number:ITIN)
・雇用者番号(Employer Identification Number:EIN)
があります。

最近では、日本在住の個人ゲーム開発者の方たちが、Apple社のiPhoneアプリやMicrosoft社のXbox360のゲームを有償で提供する場合に、その収入から米国での30%の源泉徴収をされないようにするためには納税者番号が必要だということで、EINを取得しているようです。(ITINは、悪用されることがあるため、簡単に発行してくれないとか。)
この場合は、「雇用者番号」よりは、「納税者番号」の方がしっくりくるのでしょうね。
【2010/08/01 15:30 】
翻訳メモ | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<Service Level Agreement (SLA) | ホーム | 「開示または漏洩してはならない」って、日本語ですか?>>
コメント
示唆に富む内容を拝見し、特許業界・知的財産業界情報トップス(http://iptops.com/)にリンクを追加させていただきました。なお、特許業界・知的財産業界情報トップスをリンク集などに加えていただくようなことがございましたら幸いでございます。今後もよろしくお願い申し上げます。
【2010/08/03 00:18】
| URL | 特許業界・知的財産業界情報トップス #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/202-b5c86fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。