Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

Trados WorkbenchのユーザーID
Tradosでの翻訳が随分増えました。翻訳者としてスタートした年は1件だけだったのに、3年目の今や、約4割がTrados案件!独学で、手探り状態で始めたのに、よく続いているな~、という感じです。でも、いつもと違う対応を求められると、大慌てです・・・ (^^ゞ

たいていの場合、翻訳会社からTMを渡されるのですが、ごくたまに、TM Serverに接続して翻訳を行うことがあります。この場合、自分の訳文もTM Serverに登録するのですが、ここで、「作成者」や「更新者」として自分の名前が公表されてしまうのが気になりました。

別の名前にしたいのですが、いつ名前を設定したかも覚えていないので、どうやって変更すればいいのやら・・・、と思っていたら、見つけました!
案外簡単。Workbenchで[環境]-[ユーザーID]メニューを選択し、入力するだけ。どうやら、最初にWorkbenchを使用したときに、作成したようです。なお、翻訳メモリを開いている間は、ユーザー ID を変更することはできないそうです。

よ~し、今度はイニシャルか何かにしょう!
【2010/01/16 21:14 】
Tradosメモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<テキスト形式のTM | ホーム | 仕事納め>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/172-e77dc11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。