Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

Tradosって効率的?
Tradosの仕事が続きました。正直言って、Tradosは好きではありません。
私の場合、(未熟なせいですが)かえって効率が悪くなるし、それにトラブルが生じても対処できないからです。
翻訳メモリを渡され、Translator’s Workbenchを使用して翻訳するだけならなんとかなりますが、今回の仕事は、MultiTermで用語ベースを作成し、辞書データをインポートし、Workbenchと連動させるというもの。
しぶしぶ説明書を読みながら、辞書データをインポートしました。データが大きいせいか、なかなか進みません。そして、1時間以上かけて処理が95%まで進んだところで止まってしまいました。パソコンはCPU使用率100%を示しています。どうすることもできないので、そのまま放っておきました。1時間ほどして見てみると、インポートが無事完了していました。何とかなるもんですね~。
でも、次に用語ベースをWorkbenchと連動させると、Workbenchが何度も停止してしまい、結局、連動させずに用語ベースをただの辞書として使うはめに・・・。
英文でたった2ページ程度の翻訳だったのですが、準備にめちゃくちゃ時間がかかり、結局うまく使えないのだから、絶対効率悪いと思うんだけどなぁ・・・。
【2009/04/27 10:56 】
お仕事です | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<ゴールデンウィーク | ホーム | 1ギガはもう古い?>>
コメント
私もTrados好きになれないです!
購入して半年になりますが、まったく使いこなせていません。
Workbenchで辞書から単語を取得するための操作が面倒で、
特にエントリーが多いときは、もうやってられないよって言いたくなります。
とはいえTrados案件は多いし、
Tradosで効率をあげる方法、研究するしかなさそうですね・・。
【2009/04/30 12:37】
| URL | okantoboku #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/149-aca0162a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。