Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

暗号化ソフト
いつもお仕事を依頼される翻訳会社のA社さんは、機密保持のため、会社のサーバを介してデータのやりとりをしています。
これに慣れていると、他の翻訳会社さんがメールにデータをそのまま添付してきたりすると、「え、大丈夫なの?」と不安に思ったりします。
かく言う私も、実は暗号化ソフトを持っていないのです。今の時代、機密データをやり取りする仕事をしているのに、暗号化ソフトくらい持っていなきゃだめだな~、と思い、調べてみました。アタッシェケースとかEDとか、フリーソフトで、いいものがいろいろあるようで、どれをダウンロードしようかと迷ってしまいました。
そんなとき、先日初めてお仕事をしたC社さんのメール添付の圧縮データが、パスワードを要求するものだったことを思い出しました。そして、これは、Lhaplusで圧縮する際にパスワードを設定していることがわかりました。
これなら、わざわざ暗号化ソフトをダウンロードしなくても、すでに持っているLhaplusを利用できます。持っていても、全然使いこなせていなかったのですね~。

ちなみに、windows XPでは、圧縮時にzipファイルにパスワードを設定する機能があったのに、Vistaではこれがなくなったそうです。私はVistaなのでした。
【2009/04/07 05:59 】
翻訳者の心得 | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<遵守と順守 | ホーム | 確定申告の還付金>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/144-81329919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。