Google
attorney-in-fact
attorneyは「弁護士」と覚えていたのですが、「代理人」という意味もあったのでした。
そのため、区別する必要のあるときは、弁護士をattorney at law、代理人をattorney in factというそうです。
よかった、「事実上の弁護士」なんてしなくて・・・。
【2009/02/25 05:01 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<青色申告デビュー | ホーム | Trados考>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/138-a33273c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |