Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

管財人
“… appoint a receiver, administrative receiver, or administrator”
と、何やら似たような用語が羅列されています。調べてみると、

receiverは、「財産保全管理人」で、一時的に財産を保全し収益を収受させるため利害関係人の申請により裁判所が任命する管理人。破産では管財人任命前の財産保全のために任命される。「財産管理人」「収益管理人」「仮破産管財人」「収益管財人」としている辞典もありました。

administratorは、「遺産管理人」で、無遺言相続の場合や、遺言があっても遺言執行者の指定がなされていないときなどに裁判所が選任する。「財産管理人」,「管財人」としている辞書もあり、企業が破産したときは「更生管財人」というとのこと。

では、administrative receiverって何でしょう?辞書を調べても見つかりません。ネットでいろいろ探してみると、どうやら英国の制度で、会社の債権者のために、裁判所の許可なく任命することができるものらしいです。裁判所が関与しないところがミソです。「管理レシーバー」と呼んでいるようです。何か、馴染みがないので使いづらいですけど・・・。
【2008/04/29 06:22 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

<<合併 | ホーム | 原文に忠実過ぎるのも・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://futurus.blog51.fc2.com/tb.php/105-6b353d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。