Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

anonymous or anonymized clinical data
医療機器関連の契約書で出てきた表現。
anonymous も anonymized も、どちらも「匿名」という意味のようです。
契約書でおなじみの、同義語の併記のようなものかしら?
terms and conditions = 条件、みたいに。

なら、「匿名臨床データ」と1つにまとめてもよさそう・・・
と思って調べていると、厚生省の「ゲノム薬理学における用語集」というものが見つかりました。

この用語集では、
anonymous 非連結匿名
anonymized 連結不可能匿名化
と訳しています。

この違いをものすごく簡単に言うと、anonymousは、最初の収集段階からデータに個人識別情報が付与されないもので、anonymizedは、個人識別情報とデータとの連結を後から削除したもの。

同義語を並べただけではなく、厳密に違いがあったようです。
スポンサーサイト
【2014/03/11 15:32 】
翻訳メモ | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。