Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

振替?
bank transfer

辞書で調べると、「銀行間振替」とか「銀行口座振替」と出ています。
この「振替」という言葉、ちょっと複雑です。

ある口座に金銭を払い込むこと(AさんがBさんの口座に払い込むことや、Aさんが別の銀行の自分の口座に払い込むことなど)を、普通、金融機関では「振」と呼びます。 そして、「振」とは、自分の管理する口座間での資金の移動(同じ銀行内で普通預金口座から定期座預金口座に移動することなど)を指します。
ところが、ゆうちょ銀行では、Aさんのゆうちょ銀行の口座からBさんのゆうちょ銀行の口座への資金の移動のことを「振」と呼びます。
そして、ゆうちょ銀行の口座から他の金融機関の口座への送金を「振」と呼びます。

だから、「銀行間振替」って言葉、普通は使わないのでは・・・・?
スポンサーサイト
【2012/07/31 18:27 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

免税?非課税?
“export VAT free”

輸出の際にVAT(付加価値税)がかからないということなのでしょうが、日本語では「免税」?「非課税」?
どちらでも同じなのかしら・・・?

日本の消費税の場合、原則として国内におけるすべての取引が課税対象となります。
そして、消費税がかからない取引には3種類あるそうです。
・不課税取引:そもそも消費税の対象ではない取引(例えば、国外取引、対価を得て行うことに当たらない寄附や単なる贈与、出資に対する配当など)
・非課税取引:本来は課税対象だが、消費に負担を求める税としての性質上や社会政策的配慮から課税の対象としないこととされている取引(例えば、土地や有価証券、商品券などの譲渡、預貯金や貸付金の利子、社会保険医療などの取引)
・免税取引:一定の要件が満たされる場合に、消費税が免除されるもの(例えば、商品の輸出や国際輸送、外国にある事業者に対するサービスの提供などのいわゆる輸出類似取引など)

輸出取引には「免税」を使用しているようです。
【2012/07/13 17:59 】
翻訳メモ | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。