Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

hire
hireは、辞書をひくと「雇う」とあります。employと比べて短期間の場合によく使用されるようです。
英英辞典ではこんな感じ。
Obtain the use of sth or the services of sb temporarily and esp for a short period of time in return for payment

契約書では、弁護士やコンサルタントといった専門職の場合によく使用されます。 ただ、日本語の「雇う」という語は、雇う側が上という感じがして、個人のコンサルタントならともかく、世界的なコンサルティング会社だったりすると不適切な気がします。こんな場合は「依頼する」が適切なんでしょうね。
スポンサーサイト
【2010/02/26 05:42 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

塞翁が馬
先日、家の近くでお財布を拾いました。最寄りの交番が結構遠いのですが、仕事もない時だったのでその足ですぐ交番に向かいました。お巡りさんが財布を開けると、なんと7万円以上も!そのほかに定期券や免許証や学生証も出てきました。ちょうどバッグを買いたいと思っていたので、1割謝礼をもらってもかなりの額になるなぁ、なんて胸算用しましたが、相手は学生さんだから権利放棄することにしました。(私が学生時代、原付の免許不携帯で7千円とられ、すっごく落ち込んだことを思い出したのです。)
ちょっぴり残念だったけど、なんかいいことをしたような気がして家に帰ると、いつもとは違う翻訳会社さんから久々に翻訳依頼の電話が入りました。分量的にきつかったのですが、単価がいい会社なので、「さっきいいことをしたからかしら?ラッキー!」と喜びました。ところが、すぐに相手の都合でキャンセルになってしまったのです。
しょうがないなぁ、と思って確定申告の準備なんかをしていると、先ほどの会社から、新たな翻訳の仕事が出たからと依頼がきました。さっきの仕事より分量的にも納期的にも適当なお仕事です。
こうして、最終的においしいお仕事にありつけたました。やっぱり、いいことはするものですね~。
【2010/02/15 12:13 】
お仕事です | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。