Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

夜勤
先週、先々週と、夕方依頼があって翌朝6時締切という、事実上徹夜の仕事がありました。
以前は絶対にしなかった徹夜というものを最近何度か体験し、少しは要領も分かってきた感じです。
本当は効率も悪いし体にも良くないのでしょうが、何日もかかる大物の仕事より、一晩で終わってしまう仕事の方が、気が楽だったりします。(依頼する側でも無茶な仕事とわかっているので、完成度をうるさく言わないような気もしますし・・・。)

知り合いで、小学生の子どもを育てながら、24時間営業のお店で夜間働いている人がいます。子どもが寝るころに出勤し、子どもが起きるころに帰ってくるという生活。
看護師さんも夜勤があります。
私の徹夜もこれと一緒。ただ、違いは、翻訳料に深夜料金がないんですよね、この翻訳会社・・・。
【2009/11/29 09:49 】
お仕事です | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

支払い関係のdue
契約書の支払い関係の条項で、due=「支払期限が到来した」と訳そうとして「ん?」と疑問に思うことがあります。
①Amounts are due 30 days from the date of invoice.
ならば、「請求書の日付から30日後に支払期限が到来する」と訳すのですが、
②Amounts are due and payable upon receipt of invoice.
だと、請求書が届いたその日に支払期限が到来しちゃったら、お金を準備する暇がありません。さらに、
③Amounts are due upon receipt and payable within 30 days.
だと、受領時に支払期限が到来したのに、支払うのは30日後っていうのはどういうこと?30日後が支払期限じゃないの?
となっていまいます。

そこで、英英辞典で調べてみると、
1) owed as a debt or obligation
2) requiring immediate payment
とあります。
dueが、必ずしも「支払期限が到来した」ではないのですよね。
だから、①では2)の意味で「支払期限が到来した」と訳してもいいけど、②③では、1)の意味で請求書を受け取ったときに支払義務が生じて、支払期限はその後、ということなのでしょうね。きっと。
同じような文だから同じように訳したくなるのですが・・・。
【2009/11/25 11:01 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

一転、閑古鳥
怒涛のように仕事の依頼のあった先週とは一転、今週はまったく仕事の依頼なし。金曜日の夜になって、週末にかかる仕事を依頼されるパターンかしら、と思ったのですが、それもなく、静かな、(ちょっと物足りない)週末を迎えています。
「仕事が一段落したら、あれもしよう、これもしよう」と思っていても、暇だと何事にもモチベーションが低くなって、結局大したことができなかった一週間でした。まあ、睡眠不足を解消できただけでも、良しとしましょう。(居眠りばかりの一週間・・・)(^_^;)
こういうときもあるんだから、体調を万全にして、来週に備えるとしよう!
【2009/11/07 05:52 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

BGM
最近、英語の聴き取り能力の低さを実感する出来事があり、何とかしようと、仕事中、パソコンでBBCニュースを流すことにしました。(昔は、英語のニュースなんて入手するのに苦労したのに、便利な世の中になったものです。)
これなら、仕事中にリスニング能力もアップして、一石二鳥、と思ったのですが・・・。
真剣に聞いているわけではなく、耳慣らしのつもりで聞き流しているのですが、今度は翻訳の仕事がはかどらなくなりました。
音楽を聴くときは右脳、言語を聴くときは左脳が働くそうですが、ニュースだと左脳が働いちゃうので、翻訳の作業で使う部分とぶつかっちゃうんですね。
ながら勉強は、やっぱり効果がなかったのでした。
結局、今までどおり、心の落ち着くバロック音楽をかけて仕事をすることにしました。
【2009/11/04 05:48 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

オンサイト翻訳の依頼
先週依頼のあった仕事に、翻訳会社からではなく、地元の人材派遣会社からのものがありました。
5~6年前、在宅翻訳を始める前に、翻訳経験を積むため(というより、経験年数を増やすため)に、派遣でどこかの会社にもぐりこめないか、と期待して登録していたのです。でも当時は、結局そのような仕事にありつけず、在宅翻訳者となってから、1~2度、単発で在宅での翻訳を依頼されただけです。
今回も在宅での単発の翻訳かと思ったら、1か月更新のオンサイトの翻訳とのこと。でも、フリーになってから平日にいろいろな予定を組んでいるので、週5日フルタイムでは動きがとれなくなってしまうし、今取引している翻訳会社からの仕事も受けられなくなるので、お断りしました。以前と違って、翻訳経験を積むという必要性が薄れてしまっているし・・・。どんな業界で、どんな翻訳をするのか、ちょっとは興味があったのですが。
フリーの生活パターンに慣れちゃうと、フツウの規則正しい働き方ができないです・・・。
【2009/11/03 12:41 】
お仕事です | コメント(1) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

繁忙期
先週は、1週間に何と6件も翻訳の仕事の依頼がありました。それも、ほとんどが同じ翻訳会社から。いくらなんでも全部は受けられないので、半分はお断りしましたが、それでも半徹夜状態が何日か・・・。
仕事って、こない時にはまったくこないのに、こういうこともあるのですね。今って、この業界の繁忙期なのかしら?こういうこともあるから、仕事がこないときも、落ち込む必要ないのよね~。
【2009/11/01 15:55 】
お仕事です | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。