Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告


スポンサード リンク

1ドルを対価として?
契約書の前文の決まり文句に、次のようなものがあります。
NOW, THEREFORE, in consideration for the foregoing and the obligations hereunder, the parties agree as follows.
「よって、上記および本契約に定める義務を約因として、両当事者は以下のとおり合意する。」
Considerationとは「約因」とか「対価」という意味。

ある契約書で、
In consideration of one dollar,
という箇所がありました。
「1ドルを対価として?」そんな安いはずはないだろう、単位を間違っているのかしら、と思ったのですが、翻訳は原文に忠実でなければなりません。そのまま訳しました。
ところが、別の契約書でも「1ドルの対価」が出てきたのです。偶然の一致のはずはないから、意味があるに違いないと、調べてみると・・・。
英米法では、Considerationは単純契約の成立要件であり、Considerationがなければ、捺印契約を締結しない限り契約は成立しないため、無償の場合も、名目上1ドルを対価とするのだとのこと。
スポンサーサイト
【2009/08/01 13:09 】
翻訳メモ | コメント(0) | トラックバック(0)


スポンサード リンク

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。